認知症予防は日々の生活から~チェンジ生活習慣~

男女

認知障害が引き起こす病気

シニア

発生させないための注意

認知症の予防には様々なものがありますが、その予防法によっても認知症を引き起こす原因となってしまうため、注意が必要です。食べ過ぎや過剰なカロリー摂取は肥満の原因となるため、認知症のリスクを高めます。しかし、痩せすぎもいけないので、ある程度のカロリー摂取は大切です。一度の食事で食べ過ぎずに、一日三食をしっかり守るようにしましょう。また、睡眠不足はアルツハイマー病の原因となってしまうため、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。昼寝をする場合には睡眠時間に注意する必要があります。また、喫煙者は認知症のリスクが禁煙者に比べ、2倍だと言われます。生活習慣をしっかりと見直して、予防するという事が大切だと分かります。

生活習慣を改善する

認知症の予防は同時に成人病の予防にも繋がりがあり、規則正しい生活習慣を見直す事で対策出来ると言われています。主に生活習慣の見直し例としては、食事では野菜や魚や果物を中心とした和食のメニューにする、適度な運動を心がける、あるいはタバコやお酒を止める、十分な睡眠時間を確保するなども大切です。さらに脳トレやゲームなどをして頭を使った遊びをする事などが挙げられます。また、認知症を発症してしまったとしても、症状が軽い段階で認知症である事に気付き、病院で適切な治療を受ける事が出来れば、薬で認知症の進行を遅らせたり、症状を改善するといった事も出来るそうです。早期診断と早期治療を行う事によって、高い治療効果を期待出来るという事が言えます。

体を温めること

女性

冷え性によいとされるサプリメントはいくつもあります。体を温めることができるものです。マッサージなども効果的ですから、併用して、上手く改善することです。冷え性は十分に解消できる病気ですから、心配無用です。

詳細を確認する

放っておくと大変です

錠剤

不眠症は放っておくと重い病気になる可能性もあります。まだ病院に行くほどではないと思っている人も、サプリなどで対策を行うことで改善できます。まずは自分の体調や生活スタイルを考えて自分に合ったサプリを購入、使用することをオススメします。

詳細を確認する

酸化を防ぐ有効な方法とは

錠剤

抗酸化サプリメントの有する抗酸化の作用は身体の中の活性酸素を取り除きます。その活動はアンチエイジングもしくは ダイエットそして疲労の回復などに非常に大きな有効性を発揮し、その上内臓の機能の向上に も役に立ちます。

詳細を確認する

Copyright© 2015 認知症予防は日々の生活から~チェンジ生活習慣~All Rights Reserved.